ギター初心者にお薦めエフェクター|豚に真珠猫に小判要注意

アコギなら生音が一番(個人的感想)ですが、エレキギターともなるとエフェクターは必需品とも言えます。

 

この記事ではギター初心者が最初に使うエフェクターのお薦めについてご紹介していきます。

 

 

最初の頃は目につくもの気になるものが何でも欲しく思えてしまいます。

 

しかし実際にそれを実行してしまうと、後々後悔する事になります。

 

そんな経験も後々生きる事になりますし、ギタリストとしてはそんな後悔も良い経験となるはずです。

 

「このエフェクターではこんな音になる」
「あのエフェクターはこういう使い方が出来る」

 

このような経験は後々あなたの財産になるので、ある意味で良い後悔というヤツです。

 

しかしこれらは実際問題金銭面での話に直結するので、なるべくなら予算を押さえて、
今自分に必要なものを厳選していきたいところではないでしょうか。

 

 

初心者にお薦めのエフェクターの選び方

 

大体どんなバンドでも歪み系は使っています。

 

ディストーション、オーバードライブ等ですね。

 

その他空間系で言えば、コーラス、ディレイあたりは定番でしょう。

 

 

ただ歪み系空間系と一言で言っても、その種類は膨大です。

 

エレキギター初心者の方にその中から良いものを選べと言っても、
現実的に考えて無理があります

 

だって「何をどう使ったらいいかわからない」から初心者なワケですし。

 

 

まずエフェクターを選ぶ基準からお伝えさせていただきますね。

 

 

ギター初心者である皆さんが好きなバンドや曲が重要になってきます。

 

皆さんが好きなアーティストがどんな音を出しているのか想像してください。

 

 

歪み系が目立つのであれば、歪み系をメインでエフェクターを選ぶと良いです。

 

空間系が目立つのであれば、空間系をメインとし歪みは抑え気味。

 

 

ギュィ〜ンってエッジの立つ音は歪み系。

 

言葉通りコーラスがかかっているような音は空間系エフェクターと言います。

 

要するにやりたい曲のメインの音に合わせてエフェクターを選ぶと良いです。

 

まずは空間系か歪み系のどちらをメインとするかという話になります。

 

 

もしも歪み系のエフェクターをメインとしたい場合は、

 

ディストーションとオーバードライブの2つを用意出来ればそれで良いです。

 

これらに合わせる空間系はディレイがあればとりあえず初心者の段階であればOKです。

 

 

次に空間系をメインとしたい方にはまずはディレイとコーラスをお薦めします。

 

その他歪み系ではオーバードライブが1つあれば、最初はそれで良いです。

 

 

予算の都合でというなら、
歪み系であればディストーション1つあればOK。
空間系であればディレイが1つあればそれで良し。

 

後はアンプの方でも調整出来るので、
エフェクターは最初はこんなもんで事足ります。

 

 

ディストーションは主にギターソロ向き。(曲によるが)
アンプがあればゲインが付いてるので、オーバードライブの代わりになります。

 

 

ディレイはエコーがかかるような感じのイメージです。

 

コーラスは後ろで誰かハモってる?と思ってくれれば良いです。(怖えぇ)

 

 

メーカーは何でも良い

 

初心者の皆さんがコピーしたい曲があって、それを目標としているなら、
好きなアーティストが使ってるものと同じものを使うのが良いです。

 

例:好きなアーティストが使っている歪み系がBOSSのオーバードライブ

 

この場合はBOSSのオーバードライブを選ぶと良いでしょう。

 

※BOSS メーカーの名前

 

もしそれ以外で気になるものがあるなら私としては皆さんに

 

もう買っちゃえよ

 

の一言しかありません。

 

衝動を抑えていては前に進めないからです。

 

ギタリストたるもの気になるものは気になるし、
買わない後悔より買った後悔をした方がロックです。

 

 

いろんな音を試す事は自分の中に良い経験として蓄積されていきます。

 

これもギターの腕を上達させるうえで必要不可欠な事は間違いありません。

 

結局のところ知識より腕が重要ですが、
その腕を向上させるのにも知識はある意味でブースターのような役割を持ってきます。

 

 

まぁ私個人のお薦めとしてギター初心者に無難なエフェクターは、
歪み系でも空間系でもBOSSは多くのギタリストが使用していて、
買って損はないエフェクターです。

 

なのでディストーション、オーバードライブ、コーラス、ディレイ、
これらのBOSSエフェクターは初心者の皆さんにも自信をもってお薦め出来るものとなっています。

 

 

もう一回言います。

 

BOSSエフェクターは用途さえ間違えなければ、絶対に買って損をするものではありません。

 

ただココで一つ注意点がありまする。

 

歪み系に関してですが、BOSSにはメタルゾーンというディストーションがあります。

 

名前の通り凄い歪みになるので、一般的な曲には合わないかと思います。

 

メタルゾーンは以前使った事があります。
最初はその歪みが気持ち良すぎて昇天するところでした。
しかしよくよく考えてみると、ここまでの歪みをどこで使えと?
よく自問自答したものです。

 

 

えぇ、この画像左のこやつめがそれです。

 

ロックを通り越したい方にはメタルゾーンは超お薦め出来るエフェクターです。

 

しかしそれ以上を望んでいないのであれば、
無難なディストーションを使うのが賢明と言えます。

 

ちなみにディストーションは主にギターソロ用なので、
オーバードライブがメインとなる曲が多いのではないでしょうか。

 

 

リフなんかはオーバードライブが多いですしね。

 

※リフとは曲中のリズムを刻むようなジャカジャカギターの音。

 

 

私が初心者の頃はディストーションだけで全て無理やり解決していましたが。

 

よく友達に言われたもんです。

 

お前の音しか聴こえねぇ!!!

 

ギター初心者にお薦めのエフェクターまとめ

 

最初に何種類もエフェクターを買ってしまうと、
ギター初心者がいきなりそれらを使いこなすのはまず無理です。

 

それもある意味ロックだからいいんですけどね。

 

ただ予算の都合もあるでしょうし、
まずは弾きたい曲に合わせて2〜3種類買うくらいがちょうど良いですよ。

 

 

めっちゃ歪ませたい方は

 

  • 歪み系メインならディストーションとオーバードライブ。
  • 加えて空間系はディレイが一つあればOK
  • 予算がないのであればとりあえずディストーションだけで良い。
  • メタルゾーンは昇天出来るけど使いどころが難しい。

 

 

キレイな音でまとめたい方は

 

  • 空間系メインならディレイとコーラスがあれば最初は問題なし。
  • 必要に応じてオーバードライブくらいはあっても良い。
  • どうしても他にも欲しいと思うならフランジャーも使ってみよう。
  • うずうずしてきたら歪みエフェクターも視野にいれるのはロック。

 

 

何にせよギター初心者に特にお薦め出来るのは、
BOSSのエフェクターとなります。

 

その他にもいいのはあるのですが、
ありすぎて自分の好きなアーティストに合わせろとしか言えません。

 

 

まぁ総合的に見てBOSSはホント良いエフェクターなので、
買って損はする事はないですよ!

 

 

結局はディストーション、オーバードライブ、ディレイ、コーラス、
この4種類は初心者の段階でも持っててOKって事ではあります。

 

ただ予算や自分のやりたい曲と相談すると無駄な出費が省けるよという事です。

 

 

最後に一つお伝えします。

 

歪ませすぎに要注意!

 

音をごまかすと自分が上手くなったと錯覚しちゃいます。

 

これはよく音を聴きとれなくなるからです。

 

そんな使い方をしていてはギターの腕も上達しませんし、
何よりエフェクターを使いこなせない、
ただのザコになってしまうので要注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る