初心者にお薦めのギターアンプ|家庭用の限界のワット数

エレキギターやアコースティックギターの演奏にアンプは必需品です。

 

アコースティックギターであればギターのみでもOKですが、
エレキギターとなるとアンプはギターと一緒に入手しておきたいものですよね。

 

※アコギでもピックアップ(音を拾うもの)があれば、
アンプを通して音を出せます。

 

上級者はもちろん初心者であってもアンプは欲しいものです。

 

 

しかし一般家庭という環境において、
アンプ選びを間違ってしまっては最悪です。

 

パフォーマンスを発揮しきれないと宝の持ち腐れですし、
最大パフォーマンスを発揮する為に爆音を出しては、
近所迷惑なうえに、おまわりさんのお世話になる可能性も出てきます。

 

なので家で使えるアンプには限界があるのです。

 

そこで私お薦めのものを紹介していきたいと思います。

 

家庭に合っていて、近所迷惑になりづらいものはちゃんとあるんですね。

 

 

ギターアンプの選び方で重要な事

 

何と言ってもワット数です。

 

私が以前使っていたRoland ローランド MICRO CUBEというアンプがあるのですが、これはギター初心者に特にお薦めです。

 

 

何故かと言うと、2ワットなので家庭用アンプとしては凄く使いやすいからです。

 

 

そのうえギター初心者であれば、エフェクターも欲しいところですが、
予算があまりないという方にとてもうれしい情報があります。

 

実はこのアンプには
・フランジャー ・コーラス
・トレモロ   ・フェイザー
・ゲイン(歪み)
の設定が出来るので、
単純にギターとこのアンプがあれば、
それだけで大体の事が出来てしまいます。

 

更に2電源方式となっており、単三電池6本で使う事も可能です。

 

その価格は新品で15,400円(税込み)
※イシバシ楽器調べ

 

安価で高性能で家庭という環境に適しており、
私がギター初心者に特にお薦めしたいアンプが、
このRoland ローランド MICRO CUBEとなります。

 

まず間違いなく買って損をするアンプではないので、
どれが良いのかわからない方は試してみてはどうでしょうか。

 

 

その他ギター初心者にお薦めのアンプの選び方

 

最初にお伝えしている通り、ワット数が重要です。

 

例えば好きなアーティストが使っているアンプを使いたいって方もいるかと思います。

 

しかし全く同じものを使うとなると、ワット数がとんでもない事になりますし、
何より価格が高くて予算オーバーは確実です。

 

 

それに家庭という環境に適していないので、
必然とワット数は落とす事になります。

 

ここが重要です。

 

私がお薦めのアンプ以外を使いたい場合、
アンプ選びの際に最優先するのはワット数です。

 

好きなアーティストが使っているアンプ、
もしくは自分が気になっているアンプを使いたい場合でも、
ワット数は最大でも10wにしておくのが良いです。

 

15wまでいくととてもじゃないですが、
家庭でパフォーマンスを発揮出来ません。

 

正直10wでも怪しい部分はありますが、
それでもギリギリ10wであれば家庭で使う分には十分なアンプです。

 

 

住んでいる場所がちょっと特殊(山奥で1件だけとか)なら別ですが、
住宅街に住んでいるなら、アンプの限界ワット数は10wだと覚えておいてください。

 

15w以上はハッキリ言って近所迷惑になります。

 

私以前にHUGHES&KETTNER(ヒュースアンドケトナー)のアンプが気になって購入した事があります。

 


(画像は18wのもの。イシバシ楽器調べ。価格27,500円)

 

このメーカーのアンプが確か15w以上のものしかなくて、
それでもどうしても気になって買ったんです。

 

音は凄く気に入ったのですが、とても家庭の環境には合わず、
泣く泣く手放したという経緯があります。

 

こうした事を防ぐ為にも、一般家庭で使うアンプは最大でも10wに抑えておきましょう。

 

 

時には衝動買いもアリ

 

人生一度きり。

 

気になったアンプを買うのは止めません。

 

買わない後悔より買ってしまった後悔をした方がロックです。

 

だってギタリストたるもの、実際に使って確かめてナンボですよ。

 

 

さて、私もいろんな種類のアンプを使いましたが、
それでも全種類使ったわけではありません。
※予算の関係と家庭という環境の問題で。

 

まだまだ気になっているアンプはあります。

 

メサブギとかね・・・超気になる。

 

 

ただそれでも家庭用であるなら10w以上はお薦めしません。

 

宝の持ち腐れは後々手放すことが目に見えているからです。

 

10w以下で気になるアンプがあるなら、
迷う事は必要ないように思います。

 

定番で言えばマーシャルアンプがイチオシですかね。

 

マーシャルは10wもありますし、総合的にみて良い音が出せるので実際に使ってみて満足出来たアンプでした。

 

これぞロック!みたいな音を出したいならマーシャルあたりがお薦めです。

 

※一時期Bzの松本さん(神)に憧れ、マーシャルアンプを使っていました。
同じ音は出せませんが(機材はもちろん腕が違いすぎて)
ある程度似たような音が出せたので楽しかったです。
もちろんギターはレスポール!(ギブソン)

 

 

ギター初心者のアンプ選びについてのまとめ

 

言い出せばキリがないので、キリが良いところで終わっておきます。

 

家庭用では10wあたりが限界ですが、
住んでる場所次第では15wもアリといえばアリです・・・

 

私の場合住宅街でしたので、限界は10wでした。

 

ワット数に悩んだら、私お薦めの2〜3ワットのローランドか、
10wで気になるメーカーのアンプを試してみるのをお薦めします。

 

  • 初心者にお薦めなアンプはRoland ローランド MICRO CUBE。
  • Roland MICRO CUBEならとりあえずはエフェクターいらず。
  • その他気になるアンプでも一般家庭では10wが限界。
  • 住んでる環境次第(特殊な状況下)では15wもアリ。
  • ヒュースアンドケトナーが15w以上しかないのが難点か。
  • 総合的にみてバランスの良いのはマーシャル10wアンプ。

 

いろんなアンプを実際使って試しての後悔は良い経験です。

 

例え実際に使って気に入らなかった音だとしても、
どういう音があるのか実際に自分の耳で確認する事が出来るからです。

 

動画等でいろいろ観て聴いては良いのですが、
直接音を鳴らし聴くのとでは迫力が違いすぎます。

 

それに実際にいろんな音を自分で出して確認しない事には、
自分が本当に出したい音にたどり着けません。

 

なのでアンプ等の衝動買いも時にはアリなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る