初心者へお薦めのアコースティックギター弾き語り練習法

アコギで弾き語りしたい方必読!弾けずとも声を出せ!

アコースティックギターでいずれは弾き語りをしたい方は必読です。

 

今は初心者だけども、ギターの腕が上達したら弾き語りをしたい方は多いのではないでしょうか。

 

 

こんにちは。たいぞうです。

 

この記事では弾き語りをするうえで絶対にやるべき事を紹介しています。

 

「まだギターもまともに弾けないし、それ以前の問題かも?」

 

こんな風に思ってる方、弾き語りをしたいなら今がその練習をすべき時というのはご存じでしょうか。

 

それに既にある程度弾ける方も要チェックです。

 

 

アコギでの弾き語りの基礎となるのは

 

何をするにも練習あるのみです。

 

しかしいきなり弾き語りをしろと言ってもほとんどの方は出来ません。

 

さて、練習法の前にちょっとだけ小話にお付き合いください。

 

練習内容をお話しするうえで、知っておいてもらいたい事があります。

 

そのうえでアコギの弾き語りの練習法のご紹介をさせていただきます。

 

何事にも順序というのがありますので。

 

それでもどうしても小話はいらねぇって方は、次の見出しまで飛ばしてください・・・
初心者向け弾き語りのとっておき練習法

 

 

私も最近弾き語りの練習をしています。

 

私は現時点では弾き語りに関しては初心者と同等なのですが、
「初心者が初心者に教えるの?」と疑問を抱く方も多いのはわかっています。

 

私が一番伝えたかったのがココなんですね。

 

実はですね、私元々右利きでした。
何年も普通に右利きのギターを弾いていました。

しかし若い頃に事故にあい、小指を一部欠損してしまっています。

 

それ以降もギターが好きだったのでずっと続けていたのですが、
ある日限界を感じてしまいました。

 

押さえたいコードが押さえられない・・・・

 

ちなみに小指を一部欠損していますが、ある程度のコードは弾けます。

 

例えば欠損しているにもかかわらず、Fコードを押さえて音を出す事が出来ます。
(すげーだろ!自画自賛)

 

 

1本の指で2本押さえるといったやり方ですけどね。

 

さてここからが重要。

 

ついに私、自身のギターを左利き用にギターを改造してしまいました。

 

んで、最近は弾き語りの練習をしているというわけです。

 


(画像はイメージです、どう見ても弾き語りしてませんが)

 

そして一つ気づいたんですよね。

 

元々歌はあまり上手くないのですが、弾けないこの段階だからこそ、
練習するに値するという事に。

 

以前は右利きのギターでちゃんと弾いてある程度歌う事が出来ていました。

 

しかし左利きギターで前のように指が動かず思うように音が出せないとなると、
上手く歌にもならないんですよね。

(画像はイメージです。私はおっさんです。)

 

 

もどかしい部分があるのですが、その段階から音を出すと同時に声を出すというのが、
セットで練習しいくのが効率が良いと感じているというわけです。

 

要は初心者に向けたアコギでの弾き語りは、ギターをしっかり弾けるようになってからではなく、
弾けない段階から一緒に練習するのがお薦めというわけなんです。

 

 

私は左利きでギターを弾いた場合は初心者と同等レベルです。

 

ですが以前の経験からか、左利き用ギターでは弾き語りもほとんど出来ないけど実感している事があります。

 

1音1音に合わせて歌う前に声を出す。

 

これが弾き語りにおいて最も重要な事ではないか。

 

なんて誰でも知っていそうな事ではありますが、
きっと皆さんは弾けるようになってから練習しようとか考えていたのではないでしょうか。

 

 

右利きギターを弾いていた頃の私も、弾けるようになってから練習しようなんて思っていた時期がありました。

 

いやいやいや、弾けない段階から練習をしていき基礎をガッチリと固めておいた方が、
無駄に考える事もなくなり、自然と弾き語りしていく事がしやすいというわけです。

 

 

ここで一番伝えたかった事は

 

ギターを弾けない段階から音を出して声を出すという弾き語りの練習をするのが上達速度が速いという事です。

 

これだけを伝えるのに長くなってしまい、皆さんの貴重な時間を使ってしまい申し訳ありませんでした。

 

ただ私も現時点で初心者とはいえ、小指一部欠損から左利きのギターに変えてまで練習をした結果、現段階ではある程度声を出しながら弾けるという現実もあるというのをお伝えしたかったのです。

 

 

普通に考えてこういう事が出来るのであれば、皆さんも弾き語り出来ると思いませんか?
だって利き手でしっかり弾いていく事が出来るのですから。

 

例えば皆さんは歩くのに何かをいちいち考えますか?
歩けて当たり前ですよね。

 

もしくは喋るのにいちいち何を言おうか考えて喋りますか?

 

何かを食べる時に手を動かしますが、どうやって動かそうと考えます?

 

要は出来て当たり前な感覚を弾き語りにも応用しようというわけなのです。

 

それをする為にはギターを弾けない段階からでも弾くと同時に声を出す練習法が初心者に最適な練習法なのです。

 

初心者向け弾き語りのとっておき練習法

 

上の見出し内容を読んでくれた方やここまで飛ばした方にお薦めの練習方があります。
※飛ばした方を恨んでいるわけではない。

 

私は弾き語りが出来て当たり前な感覚を身につけると言いました。

 

少し視点を変えてみましょう。

 

皆さんアコギの練習する時って一人ですか?

 

友達と一緒に練習、もしくは友達が遊びに来てるけどギターには触っていたい事なんかありませんか?

 

実はそんな時も弾き語りの練習に適した空間となります。

 


(画像はイメージです。どう見てもおっさんと主婦です。)

 

私友人が遊びに来た際にもアコースティックギターやエレキギターを触っているのですが、
友人は私がギターを触っていようがおかまいなしにマシンガントークをぶっ放してきます。

 

実際最初はそれがクッソうざくて、毎回ギターを弾く手を止めていたんですね。

 

ですが次第にそれもわずらわしくなって、喋りながらギターを弾くようにしていました。

 

えぇ、もちろん最初は喋りながらまともに弾けなかったのをよく覚えています。

 

 

そのうえ弾き語りの練習をしようとは当時はカケラ程も思っていませんでした。

 

 

ですがある時ふと気づいたのです。

 

喋りながら音を出せているという事に。

 

アコギを弾きながら喋って当たり前な感覚になっていたというわけなんですよ。

 

 

その甲斐あってか、なんとな〜くギターを弾けるようになってからも、
なんとな〜く声を出せるようになり、次第にちょっと歌いながら弾く事も出来るようになりました。

 

雑談しながらでも適当でいいからギターに触って音を出すというのが、
ギター初心者に向けた弾き語りの最適な練習法≠ノなり得ます。

 

最初は弾けなくて当たり前ですし弾き語りも出来なくて当たり前です。

 

つまりギターに触っている以上、どんな環境でも利用し上達への道とするというのをお伝えしたかったです。

 

もちろんアコギに集中して弾いて声を出すのも良い練習なのは間違いありません。

 

弾けずとも音と一緒に声は出せ!

 

これが弾き語りの基礎中の基礎となります。

 

親兄弟やはてはイトコまで周りにいる時でもギターに触りながら会話を楽しみましょう。
きっと「何してんのこの人?」と思われているのは気にしないで!
そういう度胸も弾き語りには必要です。
だってもしかしたらアナタいずれは人前で弾き語りするんですよ?

 

まぁ喋りながらでもギターに触って音を出すのですが、
もう一つ初心者向けの弾き語りにオススメの練習があります。

 

 

例えばこれはGコードですが

 

 

気になるコードであれば何でも良いです。

 

まずはそれだけの音を出してみましょう。

 

それと同時にGの音程に合わせて声を出してみましょうか。

 

 

はい、これもアコギでの弾き語りでとても有効な練習法となります。

 

コードを弾いて音程に合わせて声を出す。

 

あ〜〜 あ”〜〜!!(Gの音程)

 

と、近所迷惑にならない程度でお願いしますね。

 

通報されても私は責任持てませんので☆(ゝω・)v

 

 

後は日々の練習を継続してください。

 

この積み重ねを経て皆さんが目標とする弾き語りに辿り着くからです。

 

 

それともう一つ。(しつこくてゴメン)

 

例えばGコードを弾くとして、初心者は慣れないとしっかり音を出せません。

 

弾いてるけど弾けてない(音がちゃんと出てない)時でも、しっかり声を出してください。

 

音を出すと声を出すは同時進行するのが弾き語りに良い練習となるからです。

 

ガンバッテ!!心の底から応援しています。

 

だって私もギター大好きですし、皆さんもギターが好きだからここにいるわけですし。

 

もう仲間みたいなもんですよね。(私おっさんだけど)

 

だから本当に応援しています。

 

 

☆コードの音程に合わせて声を出すのも、歌自体を上達する為の要素になります。

 

 

アコギの弾き語り練習に関してのまとめ

 

弾き語りに興味あるけど、どういう練習をしたらいいのかわからない方は多いと思います。

 

しかし初心者の段階では弾けなくて当たり前、弾き語りが出来なくて当たり前というのを認識してください。

 

その段階で何をしても弾き語りは出来ません。

 

なのでまずは音を出しながら一緒に声を出していくという練習から入るのが良いです。

 

  • コードを弾ける弾けない関係なしに一緒に声を出す。
  • 友人と喋りながらでもアコギで音を出しながら雑談する。
  • 弾きながら喋ってそれが当たり前な感覚を持てるように。
  • とにかく毎日の練習の継続が弾き語り等の上達への道。

 

ある程度弾けるようになったら、まずコード進行を頭に叩き込んで、
後は楽譜を見ないでも弾けるくらい覚えたら歌いだすのが効率的ですかね。

 

あくまで効率を考えるならですが。

 

私は面倒なので見ながら弾いて歌う派ですけど・・・・
※覚えるところは覚える!気分次第。笑

 

頭にコードを叩き込んでおくと、楽譜を眺めながら弾き語りが出来てしまいます・・・

 

 

小指欠損からの左利きギターに改造して、それでも尚出来るようになった実例(私)がいます。

 

まぁ左利きギターに関してはアコギもエレキも初心者段階ではありますけども。

 

 

日々の練習は決して皆さんを裏切る事はありません。

 

必ず弾き語りが出来るようになると自分を信じて毎日の練習を継続していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top