アコースティックギター初心者にお薦め!初めに覚える事とは

アコースティックギターの腕を上達させたいなら練習あるのみです。

 

と、ここはエレキギターと同じなんですが、
アコギとなると少し違った練習法が必要になります。

 

 

初心者の方は特に、最初に覚えるべき事があるので、
この記事を通してそれらをお伝えさせていただきます。

 

最初に覚えておくと、後々の練習にも効果的な事です。

 

単純な事ではありますが、
最初のうちってどうにもその事が頭からすっぽり抜けてしまっているんですよ。

 

 

アコースティックギター初心者にお薦めの練習法

 

エレキと違うところがあるとすると、コードがメインになります。

 

エレキギターでもコードは弾けますし、
コード自体はどちらも共通して弾くものです。

 

コードとは2つ以上の音を同時に鳴らした時の和音の事です。

 

 

ただ2つの音だとこれはパワーコードになるので、
皆さんが想像しているようなコードは、
3つ以上の音を同時に鳴らした時の音となります。

 

さて、アコースティックギター初心者にお薦めの練習方ですが、
これは2つあります。

 

1、コードを頭で覚える。
2、頭で覚えたコードをそのまま指で覚える。

 

この2つが初心者にとって最適な練習法です。

 

初心者が最初からうまく弾こうとしても、
しっかり音が出ません。
それに弦を押さえる指の力も足りないので、
どうしたって最初から上手く弾くのは無理なんです。

 

エレキギターの上達法でも触れている事ですが、
日々の練習は欠かせません。

 

これはエレキとアコギに共通して言える事ですが、
やる気のない日でも最低でもアコギに触れておきましょう。

 

触って適当に指を動かすだけでも指を動かした分、
あなたの指はその動きをしっかり記憶しているからです。

 

 

で、コードを頭で覚えるというのは、そのままの意味です。

 

頭で覚えておけば、おのずと指の配置もわかりますよね。

 

 

これはCコードですが、比較的押さえやすい部類のコードです。

 

このコードを頭で覚えて、指の配置も実際に抑えて記憶しましょう。

 

 

そして肝心なのは音を出す事です。

 

いざ音を出そうとしても、いきなり音を出すのは至難の業・・・

 

 

要するに音が出せない状態で、次々とコード進行しようとしても、
無理な話なんですよね。

 

 

 

なので、まずは頭にコードを叩き込み次に指で配置を覚えるのが、
初心者にとって最適な練習となるわけなのです。

 

その際には出来る限り指をしっかりと立てて押さえるようにしてください。

 

※コードによって押さえ方は異なる。
Fコードのようなコードは更に難易度が上昇。

 

 

コードを覚えるにしろ、覚える順番はありません。

 

ただ比較的簡単なCコード等から押さえて、
ちゃんと音を出せるようにするのがお薦めです。

 

一つ一つの音をしっかり出せるようになれば、
練習は次のステップへ行けます。

 

エレキギターでも既にやっている方ですと、
数日〜1週間も毎日同じコードを押さえていれば、
おのずと音をキレイに出せるようになります。

 

ですが初心者(初めてギターに触れる)方は、
更に時間を必要とするのは覚悟してください。

 

まずはコードを覚え、ちゃんと押さえられるようにするのが最優先です。

 

のちに音をしっかりと出せるようになるまで、
毎日「押さえる」「音を出す」の練習を繰り返しましょう。

 

 

3つくらいのコード進行

 

あるコード全てを一気に覚えようとしても、
キチガイじみた記憶力がない限り不可能です。

 

コードを覚えていくなら、
やはり弾きたい曲のものを覚えておくと良いですね。

 

自分の好きな弾きたい曲で使われているコードは何か?

 

これを一つ一つ覚えていくのがお薦めです。

 

 

とは言っても、初心者が一気に弾けるわけがないので、
3〜4つのコードを続けて音をキレイに出すのが良い練習となります。

 

1つ1つていねいに音を出すようにしましょう。

 

例えばC→G→Fといった感じにです。

 

 

 

 

Cの音はしっかりと出せているか?

 

GやFの音も続けてしっかり出せているか?

 

ちゃんと音を続けてキレイに出せるようになるまで、
反復練習するのがお薦めです。

 

C→G→F→C→G→F→C・・・・

 

こういった具合にやっていくようにしましょう。

 

 

これがキレイに出来るようになれば、
次に使われているコードを覚えて練習していきます。

 

一気に頭に叩き込んでいくよりは、
地道に少しづつ確実に進んで行く方が上達していきやすいからです。

 

後はひたすらこれを繰り返し、最後まで行くというのが、
アコースティックギター初心者にお薦めの練習法となります。

 

 

段階を踏んだ練習法

 

コードをしっかり覚えて押さえれるようになるまで、
結構な期間を要します。

 

ただ毎日練習を続けていれば、
2〜3ヵ月程である程度形にはなります。

 

日々精進ですので、それ以降も練習は継続しましょう。

 

 

上記の練習を続けていけば、ある程度指が慣れています。

 

コード進行するにしても以前より楽に出来るようになっているのであれば、楽譜1ページくらいは一気にやっても良いです。

 

それくらいは簡単に覚えられますし、出来るようになっているからです。

 

要は腕に見合った練習法があるので、
いきなりこういうやり方はお薦め出来ないというわけなのです。

 

アコギにしろエレキにしろ、練習には段階というものがあります。

 

その段階を無視して練習に励んでも、
中々うまくいかないのが現実なんですね。

 

 

アコースティックギター初心者に関してのまとめ

 

アコースティックギターでは主にコードを駆使する事になります。

 

そのコードを押さえるにしても指のチカラが必要になるので、
それがないとしっかり押さえられずに音が出せません。

 

初心者はまずしっかりと弦を押さえて音を出せるようにしましょう。

 

そして段階を追っての練習が初心者にとって最適なものとなります。

 

  • まずは頭にコードを叩き込む。
  • 覚えたコードを押さえ指での配置を覚える。
  • 最初は一つ一つていねいに音を出すようにする。
  • 音が出せるようになったら3つくらいのコードで反復練習。
  • 慣れてきたら1ページ分覚えて弾くのが良い。

 

私個人としてはコードを覚えるうえでの最難関は、
押さえる指の力でした。

 

これが出来ないとコードを弾こうにも、音が出せないですからね。

 

しっかりと押さえれるようになるまで、とにかく毎日練習あるのみです。

 

 

中々ギターの腕が上達したと実感出来ないでいると、
挫折してしまいがちです。

 

が、それでも尚練習を継続していく事が上達への道です。

 

そしてその日々は決してあなたを裏切る事はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る