ギターにカポタストは必要なのか|実は超重要アイテム?

エレキギターやアコギでのカポの必要性について

カポタストはギタリストにとって必需品とも言えるものです。

 

カポタスト(略称 カポ)は様々な場面で使えるものなので、1つは持っておくのをお薦めします。

 

 

これはエレキギター、アコースティックギターの両方で使えます。

 

移調器具≠ニして扱われるカポタストは、わかりやすく言うとキーを変えるようなものです。

 

カラオケに言ってキーを上げ下げする事がありますよね。

 

あれと同じようなものです。

 

ちなみに安いものでは1,000円程から売られています。

 

 

ギターをやるうえで重宝するカポの使い道

 

単純にキーを変える事が出来るので、つまりより高い音を出す事が出来ます。

 

私がよくやっているのは、ギターは半音下げチューニングにしておいて、1フレット目にカポを装着しています。

 

これでレギュラーチューニングになるので、わざわざ半音下げチューニングにしたり、レギュラーチューニングにしたりという手間が省けて便利です。

 

 

更にアコースティックギターでカポを使用すると、弦のテンションが下がり若干押さえやすくなります。

 

アコギはエレキに比べて弦高も高く、
弦を押さえるのにエレキより指の押さえる力が必要です。

 

 

これをカポを付ける事で軽減出来るので、弦をしっかり押さえられない方は特にカポを使うのをお薦めします。

 

 

カポには挟むタイプとネジ式のタイプがありますが、これはどちらでも好きな方を選んでください。

 

性能に違いはありません。

 

 

ただ色の白いものは、長く使うと黄ばんでしまうのであまりお薦めしません・・・・

 

まぁ好きな色のを選びましょう!

 

 

ちなみに私はよくギターを半音下げにしていますが、半音下げにする事自体弦のテンションが下がります。

 

なので半音下げ&カポで結構押さえやすいんですよね。

 

まだ指の力が足りなくてちゃんと弦を押さえられない方は、半音下げ&カポを試してみてください。

 

 

エレキよりアコギの方が使う場面が多い

 

私はエレキもアコギもやるのですが、アコギの方がカポを多く使っていました。

 

それに比べエレキの方では大体レギュラーチューニングでしたので、あまり活躍していませんでしたね・・・

 

アコギと言えば弾き語りなんかを視野に入れている方も多いのではないでしょうか。

 

 

今の時代ネットでもいろいろと楽譜を見れたりしますし、というかネット上で買う事も出来ますよね。

 

便利な世の中になったもんです。

 

 

さて、そうした楽譜で弾き語り用のを見てみると全てではないにしろ、やたらとカポを使っている曲があります。

 

「これ弾きたいなぁ」なんて思っても、カポがないと出来ない曲なんかもあったりしますね・・・

 

 

半音下げなら普通にチューニング出来ますが、カポを使うような曲はそれ用のチューニングが出来ません。

 

基本的にギターはレギュラーチューニングでいっぱいいっぱいです。

 

レギュラー以上の高い音を出すのには、やはりカポが必要なんですよ。

 

だって高い音を出そうと弦を巻き過ぎると弦が切れてしまいます。

 

特に1弦・・・・・

 

弦が切れてからでは遅いので、キーの高い曲であればカポを使うのが賢明という事です。

 

 

ギター・カポに関してのまとめ

 

このサイトではギター初心者に向けての情報発信をしていますので、あまり難しい事は言いません。

 

カポに関しても単純にあった方が良いので、この記事ではそれだけをお伝えしました。

 

カポがなくても確かにギターは弾けますが、カポがあった方が世界が広がります。

 

 

エレキ、アコギを問わず、ギターをやっていればいずれ必ず欲しくなります。

 

もしも皆さんが弾きたい曲でカポを使っているようであれば、一つはあっても損はしません。

 

むしろ気になった今が買い時ではないでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top