ギターが上手くならないと悩んだ時にお薦めの脳内練習とは

ギター上手くならない時にはどうしていいかわからないものです。

 

私も初心者の頃はよくつまづいていました。

 

だって練習しても上手くならないのに、このまま練習を続けていても気が滅入るだけです。

 

 

でもそんな時だからと言って何もしないとギターの腕は上達しません。

 

練習を継続してこそギターは上手くなるものです。

 

 

さて、そんな状況下の中で私が皆さんにお薦めしたい上達の為の必須事項があります。

 

これだけやっていれば良いという問題でもありませんが、
これをやるのとやらないのでは後々大きな差が出てきます。

 

自分の想像する未来図をしっかりと描きたいと思うなら、
私考案のやる気がない日にも活用出来る上達法≠試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ギターが上手くならない時にお薦めな脳内練習

 

極端な話、これは他の記事でも触れている事ですが、やる気のない日は無理に練習をしなくても良いです。

 

ただこれには一つ守ってもらいたい事があります。

 

ギター練習をする気がない日でも最低でもギターには触れておく事。

 

そして適当で良いので指板に指を乗せて動かす事。

 

これがやる気の無い日にでも出来る練習法となります。

 

 

さて、ギターが上手くならなくて悩んでいる皆さんには、
脳内練習をお薦めします。

 

いわゆるイメージトレーニング的なやつです。

 

まず現時点で弾けないフレーズを頭の中で再生します。

 

これを何度も何度も繰り返し、ひたすら頭に叩き込むのもギターの腕を上達させるのに必要です。

 

 

その際に自分がこの曲を弾いていると強くイメージしてください。

 

更に練習中の曲を何度も実際に聴くのも重要になってきます。

 

 

実際私がギター初心者の頃、ヘッドホンをしながら寝ていた事があります。

 

それも極端な例ですが、何度も何度も繰り返し弾きたいフレーズを聴いて、しっかり覚えていったものでした。

 

仮に2〜3日ギターをやる気がないとするなら、
その2〜3日は最低でもギターに触り指を適当に動かしつつ、
弾きたいフレーズを何度も聴いて、更に頭の中でも何度も再生しましょう。

 

これがギターが上手くならないと悩んでいる時期にピッタリの練習法です。

 

 

実際に覚えて指を動かすのは皆さんの脳≠ナす。

 

頭で覚えるという事もギターの腕を上達させるのに必須な練習法というわけです。

 

もし1週間を通してこれをやるのとやらないのでは、
明らかな差が出てくるのは間違いありません。

 

上手くいかずにお悩みの気持ちは私も察しますが、
そんなテンションの上がらない日は、何度も聴き返す練習が最適となります。

 

 

継続がとても重要

 

音楽の好みは人それぞれですが、私は結構いろんなジャンルのものが好きです。

 

ただそれでも特定のジャンルが凄く好きで、いわゆるメタル系とかロック系ですね。

 

そうした方達のギタープレイと言ったらキチガイじみていて、
速弾きなんかが多用されている曲も数多く存在します。

 

 

私がエレキギター初心者だった頃に、最初にやりたいのがソレでした。

 

でも最初からは弾けるはずもなかったので出来る限りの練習は継続しつつ、後は頭の中で何度も再生、曲を何千回と毎日聴き続け覚えていったものです。

 

その甲斐あって半年後には弾きたかったフレーズを弾けるようになりました。

 

あの時の感動は今でもハッキリと覚えています。

 

 

毎日頭の中で反復する事で、
次に指がどの位置にいけば良いのか一瞬で把握出来ます。

 

それに毎日指を動かしていれば、その判断に指がついてくるのです。

 

だからやる気のない日でもギターに触り指を動かすというのも、
とても重要で有効な練習手段なんですね。

 

ギターは頭と身体(特に指)で覚えるものです。

 

どっちかが欠けていては上達する事が出来ません。

 

加えて毎日の練習を継続していくのが、ギター上達の為の必須事項となります。

 

 

ギターが上手くならない時に関してのまとめ

 

迷ったら聴いてみろ!
これもギターの腕を上達させる為に必要な事です。

 

私たちの行動全ては脳に依存しています。

 

ギターの腕を上達させる為には練習あるのみですが、まず最初に頭で覚えてこそなんですよね。

 

 

頭で考え何度も聴き返し、指はそれについてこれるように毎日動かす。

 

ギターの道に楽な道は決してありません。

 

時には挫折も必要ですが、そこからまた這い上がる力も必要となってきます。

 

※挫折→這い上がるの繰り返しが上達には必要です。

 

 

ギターが上手くならないと、
やる気の無い日は「聴く」「脳内再生」「適当でいいから指を動かす」

 

これを実践していくのをおすすめします。

 

  • 何百回何千回と聴きフレーズを覚えるのも大切な練習。
  • 脳内再生も何度も繰り返し次はどう指を動かすか想像する。
  • なんとなくで良いのでフレーズに合わせて指を動かす。
  • 毎日続けていけば頭で理解し即座に反応出来る速度が向上する。
  • 毎日動かし続けた指は次第に頭に追いつく事となる。

 

仮にコードであっても同じです。

 

※コードとは2つ以上の和音の事。
弦を2本抑えるのはパワーコード、3本以上が皆さんの想像するジャカジャカコード。

 

 

あと最後に一つアドバイスです。

 

曲の進行が早く感じる場合は、
一つ一つのフレーズ、最悪1音1音しっかり音を出して弾くようにしましょう。

 

要はギター練習の際は思いっきりゆっくり弾くのも良いという事です。

 

そんな練習もちゃんと継続をしていけば後々大きな意味を持ってきます。

 

 

まずは音を正確に出す事を目標としましょう。

 

それらを毎日続けていけば、必ずギターが上手くなっていきます。

 

 

ガンバレ〜〜〜〜!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る