エレキギター初心者が最初にすべき練習|重要なのは向上心

あの曲が弾きたい≠ゥらこれからエレキギターを始めたい方や、
既にエレキギターを始めているけど、
どのような練習をすれば良いかわからない方は多いのではないでしょうか。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

そうした方に向けて、ギター初心者が最初にやるべき練習を、
この記事を通して皆さんにお伝えさせていただきます。

 

ただ正直辛い現実があるというのも皆さんにお話ししていきます。

 

これは誰しもが避けられない道なのです。

 

 

エレキギター初心者にお薦めの練習法

 

皆さんが何かを弾きたいと思うのは、好きな曲を自分でやってみたいという強い欲求があるからです。

 

しかし現実はどうでしょう。

 

いざエレキギターに触ってみても、弾けないという現実を突きつけられます。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

というか弾ける弾けない以前に指すら動かないのではないでしょうか。

 

 

さて、弾く以前の問題を抱えている初心者の方には、
「とにかくギターに触って指を動かす」のを強制します。

 

はい、お薦めではなく強制です。

 

ちょっと上から目線というか強い表現で申し訳ありませんが、
実際問題それしかないからです。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

最初にすべき練習は「数日間は指板に指を乗せて動かす」です。

 

まずはギターによく触り、弦を押さえて指を動かし続けましょう。

 

間違いなくこれがエレキギター初心者にとって、
最優先で最適な練習法がそれだからです。

 

※ちゃんと音は出してくださいね!1音1音丁寧に。
1フレット、2フレット、3フレット、4フレット、
1,2,3,4,4,3,2,1と、
音を続けて出すというのも良いです。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

練習時間の目安としては指が痛くなるまでくらいがちょうど良いです。

 

弦を押さえ続けているとどうしても指が痛みます。
しかし数週間〜数か月経つにつれ、
指の皮も厚くなり痛みは感じなくなってきます。

 

こうした弦楽器をやるうえで指の痛みは避けられません。

 

あぁ、爪も深爪はしない程度にしっかり切ってください。
じゃないとちゃんと押さえられずに音がキレイに出せません。

 

私のように指の皮が剥けてしまっても練習を続けるのは、
あまりお薦めしませんが・・・・笑

 

弦を押さえて1音1音をしっかりと出す。
とにかく指を動かすのは、ギターの腕を上達させるうえで、
絶対事項となります。

 

 

続けて音を出せるように

 

数日〜1〜2週間程も毎日エレキギターに触り音を出し続けたなら、
少しくらい指は動くようになっているはずです。

 

続けてドレミファソラシドくらいは弾けるのではないでしょうか。

 

「それどこ?」『はい、こちらです』

 

レギュラーチューニングで
ド 5弦の3フレット レ 4弦の開放弦(弦を押さえずに弾く音)
ミ 4弦の2フレット ファ 4弦の3フレット
ソ 3弦の開放弦  ラ 3弦2フレット
シ 2弦開放弦   ド2弦1フレット

 

速さは重視しなくて良いです。

 

重要なのは続けて弾けるかどうかですね。

 

もし続けて出来ないようであれば、
もう少し指を動かしてとにかく音を出すという練習を繰り返しましょう。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

さすがにこれだけで半年も1年もかかるという事はないので、
もう少し踏ん張ってみてください。

 

日々の練習を継続しさえすれば、
あなたの指はあなたを決して裏切る事がないからです。

 

 

好きな曲のフレーズを覚える

 

私はいきなりギターソロから練習しました。

 

ちょっとだけ私の初心者の頃の練習の経緯をお話しさせてください。

 

お願いします(切実)

 

面倒かもしれませんが、出来れば読んでいただきたいです。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

私がエレキギターに初めて触れたのは15歳でした。

 

当時大好きだったXjapanの曲をどうしても弾きたく、
その中でもとにかくカッコイイと感じたギターソロを弾きたかったのです。

 

初心者の私が弾けるはずもなく、ただただ挫折していました。

 

しかし決して諦める事なく、上記でお伝えした練習も交え、
約1年程も毎日同じフレーズを弾き続けました。

 

そしてとうとう大好きなあの曲のギターソロを完全にコピーしました!

 

あぁぁぁ!

 

もちろんただギターに触り音を出すのも継続していましたし、
当たり前ですが、それから曲全体をコピーしていったんです。

 

そうしてやっと本当に弾きたかった曲を弾けるようになった次第でございます。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

今にして思えば、本当にやりたい曲をひたすらやり続けた結果だと言えます。

 

もしも皆さんが弾きたい曲があるのに、
我慢してレベルを落とし、
無理やり興味のない簡単な曲を練習したとします。

 

それは絶対に続きません。

 

だってやりたくない曲を練習する事程、苦痛なものはありませんから。

 

方向性の違いにより・・・
と、解散してしまうバンドも似たようなものなのかも。
どこかに苦痛を感じていると続くものも続きません。

 

テンションがあがってこそ練習も長続きするんです。

 

1日1日の積み重ねで1フレーズづつ弾けるようにというのが、
私のお薦めの練習法となります。

 

ただ最初だけはどうしても弾けないので、
初心者の方はまず指をある程度動かせるようにしましょう。

 

そして弾きたいフレーズをひたすら反復練習するのが良いです。

 

エレキギターの初心者の練習法

 

ちなみに1年がかりで完コピと言いましたが、
ギターソロ自体は半年〜くらいで弾けてました。

 

その他のパートも含め、1曲を通して完全に弾けるようになったのは、
1年間の練習の後となります。

 

それに私の場合、最初から難しすぎた曲を選択したのもあり、
普通であればその他の曲はもう少し早い段階で弾けたのかもしれません。

 

私変人なので、そこはご了承ください。

 

もう一つ付け加えるなら、エレキギター初心者がレベルを落としても、
弾けないものは弾けないです。

 

どうせ弾けないなら意地でも弾きたい曲を練習するのが上達への道です。

 

 

頭悪そうな事言ってるように思えるかもしれませんが、
私はそうしてギターの腕を上達させていきました。

 

明確な目的を持っている方が上達するのは目に見えていたからです。

 

 

エレキギター初心者へお薦めの練習まとめ

 

諦めない心を持つのはギターを上達させるうえで欠かせない要素です。

 

しかしどんなに強い心を持っていたとしても、
必ずどこかで挫折もするでしょう。

 

そこからまた立ち上がった人だけに、その先の道が見えてくるのです。

 

「自分才能ないな〜やめようかな・・・」と、そこで止めたら終わり。

 

才能なんてあるヤツは羨ましいですけどね。

 

でもそれ以上に努力と継続をしていけば、
ギターの腕は必ず上達します。

 

  • 初心者はまず指を動かす事に専念する。
  • ある程度指が動くようになったら続けて音を出す。
  • 曲の練習はまずは1フレーズづつが良い。
  • 1フレーズを弾けたら次を覚えるだけ。

 

エレキギターの練習で曲を覚えようとしても、
1曲を一気に覚えられるのは中々難しいものです。

 

最初は1フレーズづつ焦らず練習していきましょう。

 

それと最後にもう一つお伝えします。

 

出来るタイミングであれば、ギターの練習をする際は、
立って弾いた方が良いです。

 

じゃないと後々立ったら弾けないなんて事になりかねないので・・・

 

毎日の練習は継続しましょう。

 

音を出すだけも立派な練習です。

 

ギター初心者の方はまずは音を出して頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る