ギター初心者の為の弦の押さえ方|どうしても必要になる期間

ギターの弦の押さえ方と指の慣れについて

エレキギター初心者は最初の段階でまともに音を出す事は出来ません。

 

せいぜい弦を1本、1フレット押さえて音を出すのが精いっぱいです。

 

まともに音を出せるような弦の押さえ方が出来るまでに、ある程度の期間を要します。

 

 

これは絶対に必要な事であり、いくら押さえ方をマスターしたからといって思うように出来ないのが現実です。

 

というのも、これは指がギターの弦を押さえるのに適していない状態だからなんですね。

 

今回はこのギター弦の押さえ方と、どれくらいやり続ければまともに押さえられるのかについてお話ししていきます。

 

特に重要なのは焦らず毎日の練習を継続する事になります。

 

 

ギターの弦の押さえ方・指の慣れとは

 

毎日の練習は欠かさないでするようにしましょう。

 

弦をまともに押さえられず音が出せなかったとしてもです。

 

 

さて、ギターの弦の押さえ方ですが、楽譜(スコア)を見て、同じところを押さえますよね。

 

この時点でまともに弦を押さえられず、音を出せなくて苦労している方が多いと思います。

 

 

この点は毎日練習してくださいとしか言いようがありません。

 

押さえるコツも何もないからです。

 

つまり毎日ギターの弦を押さえ音を出しての練習をしていかないと、
弦を押さえる指の力が身に付きません。

 

例えば一般の方より毎日筋トレをしている方の方が力は上ですよね。

 

 

その方達は毎日のトレーニングを経て、筋肉を鍛え上げているのです。

 

要はこれと一緒で、ギターの弦を押さえるにしても、
毎日押さえるという行為を繰り返さない事には、弦を押さえられないんですよ。

 

これをやれば今スグ弦を押さえられるようになる!というのがあれば、
今ここでお伝えしています。

 

しかし実際問題それがないので、毎日練習してくださいとお伝えするのです。

 

ギターの弦の押さえ方としては、しっかり指に力を入れて弦を押さえて、
一つ一つの音をていねいにゆっくり出してください。
それでちゃんと音が出れば、弦の押さえ方としては間違っていません。

 

最初は指が痛くなるでしょう。

 

毎日の練習が苦にもなってくるでしょう。

 

ですがその練習の日々を超えていかないと、弦をしっかり押さえて音を出す事が出来ません。

 

 

まずは1本1フレットの短音からしっかりと弦を押さえて音を出していきましょう。

 

  • 弦をしっかり押さえる。
  • 弦を押さえてキレイに音を出す。
  • まずは短音からの練習が良い。
  • 毎日練習を継続するのが最も重要。

 

 

コード等の指を何本か使う際は

 

もう誰が何と言おうと練習あるのみです。

 

弦を押さえるには日々の練習を経て得られる、指の弦を押さえられる力が必要になります。

 

まずは短音で音を出せるようにし、ちょっとギターを弾けるようになってきたら、次はコードが待ち構えています・・・

 

 

※コードとは2音以上の和音。

 

弦1本でも苦労したのに、コードとなるとまた別世界を体験出来ます。

 

 

ギターコードというのはこういうのですね。

 

ギター初心者はこうしたFコード≠ネんかはかなり苦労するはず。

 

私もそうでした・・・

 

 

これの押さえ方に関してですが、これも結局は毎日練習するしかありません。

 

まず頭でどこの弦を押さえるのかしっかりと覚えましょう。

 

次に指にその形≠覚えさせていきます。

 


いくつものコードを一気に覚えていくよりかは、
一つ一つキッチリ覚えていくのがお薦めです。

 

そしてギター練習を終え、夜寝る前にもこのコードはこういう押さえ方だったと、指を見ながらその形を作ると良いです。

 

これはイメージトレーニング的なやつですね。

 

それらの積み重ねを経てギターコードもいずれ必ず押さえられるようになります。

 

 

ちなみに私は元々右利きですが、ギターに関しては現在左利きで練習中であります。

 

実は若い頃、ギターやり始めで1年しないくらいの間に、事故に遭いました。

 

その事故の際に小指を一部欠損してしまったんですね。

 

それでもギターが好きなのでずっとやっていたのですが、
コードに関してどう頑張っても抑えられないコードが出てきたんです。

 

 

なので現在は左利きでギターの練習をしているというわけです。
※マジ話です。

 

んで何が言いたいかと言いますと今ご紹介したコードFなんかも、毎日練習していたおかげで、ちゃんと弦を押さえられるようになりました。

 

えぇ、もちろん音も出せますよ。

 

これはしっかりと毎日練習をしてきた結果だと自信を持って言えます。

 

まぁ元々右利きでギターをやっていたから、頭でコードは覚えていましたけどね。

 

 

それでもハッキリ言って弦を押さえる右手は初心者。

 

弾いて音を出す左手も初心者なのは間違いありません。

 

コードを弾くにしても、現段階ではまだそこまで上手くはないです・・・・

 

左手よ!もっとキレイに弾いてくれ・・・・!

 

 

指の皮

 

コードや短音で音を出すのに、弦を押さえる指の力が必要だと言いました。

 

そしてその力は毎日の練習によって生み出されるものです。

 

更に、弦を押さえるにしても、ギター初心者は弦を押さえた際に、指がフニャっとしてちゃんと弦を押さえられません。

 

 

要は指の皮が一般人と同じ状態である為、弦を押さえるに適した指の形になっていないからです。

 

 

もしも毎日ギターの練習をして、毎日弦を押さえるという行動をとった場合は、ぶっちゃけ指の皮が剥けます。

 

はい、そのうえで練習を継続すれば、指がめちゃくちゃ痛いです。

 

 

ギター等の弦楽器をやるうえで、これは避けようがありません。

 

絶対に避けられません。

 

さて、それでも毎日ギター練習を継続していったとすればどうなるでしょうか。

 

 

えぇ、指の皮が厚くなります。

 

これも間違いありません。

 

つまりギター初心者である皆さんの指がこの状態に昇華した時こそ、

 

弦を押さえる指の理想形

 

これになっているというわけです。

 

 

 

はい。

 

弦を押さえるのにコツはない!と豪語したのは、これが必要だったからです。

 

指がこの段階に入れば、それこそある程度弦を押さえるコツをつかんだようなものです。

 

 

なので毎日のギター練習を欠かさないでくださいと、お伝えさせていただきました。

 

 

ギターの弦を押さえるに関してのまとめ

 

初心者でも簡単に弦を押さえられるコツなんてのがあれば、間違いなく紹介しています

 

だってこのサイトは現在練習中、もしくはこれから始めるギター初心者に向けて作成したサイトだからです。

 

 

ただ実際問題、現段階で弦を押さえるコツなんてものはないので、毎日練習してくださいとしか言いようがありません。

 

ホントそれが全てなんですよねギターというものは。

 

というか楽器自体それしかないわけですが。

 

  • まずは弦を強く押さえる。
  • 次に弾いてしっかり音を出す。
  • コードは指の配置を頭と指で覚えるのがカギ。
  • 毎日弦を押さえて指の力を鍛える。
  • 毎日弦を押さえていれば指の皮が厚くなってくる。
  • 指の皮が厚くなれば弦を押さえるのにも苦労しない。

 

もっと何か良い言い回しがあるのではないか。

 

もっと人の興味を引く言い方があるのではないか。

 

 

自問自答を繰り返した結果、
やっぱり練習しかないという結論に至りました。

 

ちなみに私の左手の指は、既にある程度硬くなっています。

 

ああ、後々自分で指先を触れば私が今言ってる事がよくわかるはずです。

 

弦を押さえても指に弦がめりこまない。

 

弦をしっかり押さえられている感覚は、日々の練習を経て得られるものなのです。

 

 

最後に無理やり弦を押さえるコツを考えてみました。

 

深爪しない程度に爪を切ってください。

 

じゃないと爪が指板に当たり、ちゃんと弦を押さえられないからです。

 

深爪したら痛いだけなんで、適度に切るようにしましょう。

 

 

無理やりひねり出しました・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top