ギターテクニックのパワーコードとは|押さえ方や練習法

パワーコードについて|指の形を覚えてしまうと簡単

このページではギターテクニックの一つであるパワーコードについての解説をしています。

 

初心者に向けている内容なので、よくわからなかったという方は参照してみてください。

 

 

普通のコード(2つ以上の和音、要は2本以上の弦を押さえてジャカジャカ弾くアレ)からすると、
パワーコードは難易度も低いので、ギター初心者にはまずパワーコードの練習がお薦めです。

 

短音(アルペジオ)と織り交ぜつつ練習していくと、上達速度も速くなるからです。

 

 

ギターにおいてのパワーコードとは

 

これはエレキ専用とかアコギ専用技術というわけではありません。

 

ギターである以上どちらでもパワーコードを使う事が可能です。

 

さて、パワーコードについてですが、こちらの画像を見てください。

 

 

6弦目2フレット、5弦目4フレットを押さえています。

 

これがパワーコードです。

 

よくいろんな曲ではこうしたパワーコードが多用されている事があります。

 

全ての曲で使うわけではありませんが、パワーコードは覚えておいて損はないです。

 

というかギターをやる以上パワーコードも必須技術ですので、自然と覚えていく形にもなりますけどね。

 

 

んでギター初心者の頃だと何がキツイかと言いますと、
指が思ってるより開かずパワーコードを押さえられないという事があります。

 

器用な方は簡単に開くかもしれませんが、中には開かないという方もいるのではないでしょうか。

 

でも安心してください。

 

毎日必死にパワーコードを押さえようと練習していれば、
いずれ必ず指は開くようになります。

 

あと最初の頃は良いのですが、押さえられる段階になったら、
押さえる指を見ないでも音を出せるようにしましょう。

 

じゃないと「手元を見ながらじゃないと弾けなくなる」からです。

 

 

頭で覚えて指の形も叩き込む

 

現段階でパワーコードの押さえ方は頭に入ったはずです。

 

後はひたすら練習をし、指にパワーコードの形を覚えさせていきましょう。

 

ギターに触っていない睡眠前なんかも、こんな感じだったかな?と、
指を見ながら意識していきましょう。

 

そうした積み重ねは意外と翌日に生きてきたりします。

 

 

「あれ?昨日押さえられなかったのに、今日は楽に出来てるかも?」

 

なんて思う日もギターを続けていけばよくある日常です。

 

 

ちなみに皆さんピース¥o来ますよね?

 

チョキのあの形です。

 

 

はい、誰でも出来ますね。

 

これっていちいち頭で「どんな形だっけ?」なんて考えながらやりますか?

 

普通は誰もそんな事考えていないかと思います。

 

 

パワーコードを頭で覚えて更に指自体にもそういう形ってのを覚えさせるというのは、こういう事です。

 

実際は頭で覚えた事をやってるだけですが、
ギターを長くやっていると頭じゃなくて手が覚えている感覚≠ノなってきます。

 

例えば速弾きなんかだと、いちいち頭で考えながら弾けませんって・・・・

 

私はそうした事も手が覚えているという感覚でした。

 

 

パワーコードを覚えていけば、後々コードを覚える時にも、
パワーコードよりちょっと難易度が上がったくらいに思える事もあります。

 

まぁかなり難易度の高いコードも多いですが、結局は指がその形を覚えていけば、
いずれ弾けるようになります。

 

まずはパワーコードをマスターしていくようにしましょう。

 

 

例えばこれら3つをひたすら繰り返して弾くなんてのも初心者にお薦めの練習法です。

 

曲を弾く以前に、ひたすらこの練習を繰り返していけば、後々何かの曲でパワーコードが使われていた際に、

 

「あぁ、これか」

 

と、スっと弾けるようになっているはずです。

 

最初はゆっくりでいいので、毎日押さえて音を出すようにしてください。

 

そうすれば必ずギターの腕が上達するからです。

 

 

ギター・パワーコードについてのまとめ

 

基本のテクニックは基本であるが故にとても大切なものです。

 

例えばどこぞのバンドの「歯ギター」なんてものは必須技術ではありませんが、
コードブックやギター教本に乗っているような基本は、ずっと応用していくものです。

 

※歯ギター 歯でギター弾いてます。歯が折れるかもしれないので非推奨。

 

後々エレキでもアコギでもコードを弾く場面が必ず出てきます。

 

その前にパワーコードをしっかり覚えていきましょう。

 

  • 最初はゆっくりでいいので、しっかり音を出し続ける。
  • とにかく反復練習をして指に形を覚えさせる。
  • 手元を見ずに弾けるようになれば指がその形を覚えてる証拠。
  • いずれ弾く事になるコードに応用出来る技術。
  • 歯ギターという技術は「う〜ん、いらないかな」

 

私としてはパワーコードは指を開く練習でもあると思っています。

 

皆さんがイメージするコードジャカジャカ演奏は更に指を開くので、
まずはパワーコードを練習し、指を開けるようになっていると、
コードの練習をし始めた時にもやりやすい部分があるんですよねぇ。

 


これはCコードですが、いきなりこれからってのも、ギター初心者にはキツいはずです。
※Cコードは比較的簡単なコードではある。

 

これよりかは

こうしたパワーコードの方が押さえやすいのではないでしょうか。

 

 

要するに練習するにも段階を踏んでいこうという事です。

 

段階を無視してすっ飛ばした練習は、絶望という罠にハマるのでお薦めしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top